RAB☆Kブログ

さらば、Bちゃん


愛車Bちゃんが、さきほど、某自動車整備工場の人にもらわれていった。ドイツにいた1995年に新車で買い、日本に帰国するときには、ドイツ土産として持ち帰った。いわゆる個人の並行輸入車だ。

ドイツ名物アウトバーンでは、200km/hで飛ばしたりした。160km/hを超えたあたりからタイヤが「八」の字になり、車体の重心が少し下がって走行安定性が増す。超高速の長距離運転に耐えるように作られている。アクセルを踏んだときの力強さ、完璧なブレーキ、柔らかなサスペンションが特に気に入っていた。

ドイツでは地方へ出張した際など、他の名車にも乗る機会があった。やや男性的なBちゃんと比べ、BMWはやや女性的で、アウディはその中間といった感じだった。

日本へ帰国してまもなく、K余さんがハンドルをにぎり、家族で東北自動車道をドライブ旅行したことがあった。彼女は、つい168km/hを出した。「ここは日本だぞ!」。覆面パトカーに捕まれば、一発レッドカードとなるところだった。

日本で一番い長距離を走ったのは、東京近郊から出雲へUターンした9年前だ。半道中の三重県桑名市で1泊して走りつづけた。後部座席ではケージに入れた愛兎RANAを運んだ。

いまふり返れば、昨春、能登半島へ約9時間かけて出張したのが、最後の花道だった。先日のお別れドライブは、奥出雲おろちループへ行った。

整備工場では、あちこち修理し代車として使うことを考えているようだ。いい買い値がつくとは思わなかった。ある友人は「腐っても鯛だね」と言った。言葉はあまり良くないが、同感だ。

道路ですれちがうかもしれない。

Bちゃん、27年間ありがとう(~_~;)(^o^)。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>