RAB☆Kブログ

ゆるーい勉強会 日韓の未来のために+緊急テーマ


緊急!追加テーマ 新型コロナウイルス拡散

・日本のメディアは、なぜ事実を報道できないのか!(日中記者交換協定の呪縛)

・習近平独裁体制の「終わりの始まり」か!?(第2のチェルノブイリ原発事故)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日韓関係は、なぜこんなにこじれてしまったのか。そもそも、なぜ韓国はあれほど反日なのか。どうすれば、両国の未来が開けるのか。

文在寅政権が極端に左傾化するなか、韓国軍によるクーデターの可能性!

韓国の反日団体と組み日韓の対立をあおる日本人勢力!

新聞やテレビではわからない日韓関係の諸問題の根源を知る機会に・・・

                                     ◇

日 時:令和2年2月16日(日)午後1時30分~3時30分

会 場:出雲市民会館305号会議室 島根県出雲市塩冶有原町2-15 ℡:0853-24-1212

参加費:1,000円(資料代他)

主 催:日韓の未来のあり方を考える会

連絡先:林常彦(℡:090-7593-7435)大田市大田町大田イ55-4

 

*当日受付可。準備の都合上、出席される方はご一報いただければ幸いです。

 

メインテキスト:注目の韓日ベストセラー『日韓危機の根源 反日種族主義』(李栄薫編著、文藝春秋)

サブテキスト:『「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳を解く』(木佐芳男著、幻冬舎)

これらの本をまだ読んでいないという方でも、もちろん結構です。話を聞くだけの講演会ではなく、意見や感想を率直に語り合い、いっしょに考えてみませんか。

アドバイザー:木佐芳男(ジャーナリスト、元読売新聞特派員、出雲市在住)


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>