RAB☆Kブログ

続続・謎の侵入者


「ねぇ、クーペンって何?」。過日、飲食店の領収書やスーパーのレシート類をチェックしていたK余さんが、ヘンなことを聞いてきた。「ん? 値段はいくら?」「120円+税」

では、百均で買ったものではないな。そのレシートを手に取ってよく見ると「クーペN」となっている。この「N」って何だろう。それにしても、これを「クーペン」と読むのは斬新だ。商品名やキャッチコピーなんかに使えるかも。

では、K余さんは天然かと言うと、どうやらそうではない。ある芸人さんがテレビでこう言っていた。「『君は天然だね』って言って『天然って何?』と聞き返すのが本物の天然だ」。K余さんはそこまでではない。

レシートになぜ「N」がついているかはわからない。でも、これは近くのスーパーにテナントで入っている美味しいパン屋さんで、ぼくが買ったクーペにまちがいない。ほんとは、謎の侵入者に袋ごと持ち去られてしまったバゲットがどうしても食べたくて買いに行ったのだが、すでに売り切れていて、しょうがないからそれより短いクーペを買ったのだった。

そして4日前、友人A夫婦とわが夫婦の4人で食事会をしたとき、山裾に住んでいるAが、「アライグマの農作物被害がひどい」と嘆いていた。彼の本業は花卉栽培で、主に奥さんがいろんな野菜を作っている。それをいただきにタヌキだけじゃなくアライグマも出没するという。

でも、タヌキとアライグマって何がどうちがうのだろう。タヌキは日本や中国、朝鮮半島に生息する世界的には珍しい動物だそうだ。それに対してアライグマは、北アメリカ原産で、日本やヨーロッパにも外来種として生息する。移入後の繁殖によって、農作物への被害や生態系への影響などが問題となっている。

ネットの画像を見ると、双子ほどじゃないが従兄弟同士くらいには似ている。

何かの動物が家の中まで侵入しパウンドケーキを食い散らかしたことに、A夫婦は驚いていた。つまり、わが家へ侵入した犯人は単純にタヌキとは断定できず、事件はさらに混迷度を増した。

こうなると、名探偵明智小五郎の弟子で少年探偵団の小林芳雄団長に活躍してもらいたいところだ。ぼくは少年時代、おなじ名前の彼に憧れていた。必要があって偽名を使うときは、バレバレでも「小林芳男」と名乗ることにしていた(#^.^#)。

小林団長、侵入犯を挙げてくれ。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>