RAB☆Kブログ

続・謎の侵入者


わが家で、パウンドケーキを食い散らかし、バゲットを袋ごと盗んでいった謎の侵入者は、杳として行方が知れない。事件から1週間が経った。進入口とみられる床下の大きな隙間は、あの日、出入りの大工さんを呼んですぐにふさいでもらった。

「ヌートリアは畑の野菜を食べることはあっても、家に侵入してケーキを食べたりはしないと思うよ」と大工さんは言う。和室の敷居には、くっきりと足跡が残っていた。その形状、大きさからタヌキの可能性が高いらしい。ウィキペディアによると、人家近くで残飯を漁ることもあるそうだ。

近所のキッチンでは、以前、タヌキがサラダ油の缶をひっくり返してペロペロしている現場をおばあちゃんが見つけた。だから、わが家の侵入犯はタヌキなのだろう。

パウンドケーキは、K余さんが友だちにもらった手作りで、おやつに食べるのを楽しみにしていた。バゲットは、ぼくが朝食に食べるつもりだった。

某国の警察当局に足跡照合を依頼した(!?)が、前歴者データからは特定できなかった。そこで、怪盗ルパン一味を逮捕しようと奮闘中の銭形警部に依頼し、追跡してもらうことにした。

食べ物の恨みは恐ろしいゾ。それをタヌ公に思い知らせねば。

ただ、別の不安もある。侵入口はふさいだところだけとは限らない。第2、第3の事件が起こるかもしれない。そうなれば、名探偵コナンに頼むしかない。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>