RAB☆Kブログ

またも、国会で神学論争をし国民の血税を垂れ流している


 南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に当たる陸上自衛隊が日報で「戦闘」があったと報告した問題をめぐり、8日の衆院予算委員会では、稲田朋美防衛相が「法的な意味で戦闘行為はなかった」と語った。

 現地情勢をもとに「戦闘があった」と主張する野党は、「参加ありきだ」と批判を強めている。

 またも、国会で神学論争、訓詁学論争かとうんざりする。

  〈稲田氏は「法的意味における戦闘行為は、国際的な武力紛争の一環として行われる殺傷・破壊行為だ」との政府見解を繰り返し、「いくらその文書で『戦闘』という言葉が一般的用語として使われたとしても、法的な意味における戦闘行為ではない」と答えた。〉

  朝日新聞は、ここぞとばかりにこの問題を、連日、紙面で取り上げている。読売などはほとんど無視しているのに。

 〈「苦しい答弁だ。『戦闘』という言葉を使って自衛隊が報告してくることを、どう認識しているのか」と追及されると、「(戦闘行為が)仮に行われていたとすれば、憲法9条の問題になる」と憲法問題を回避する用語法について語り始めた。そして「国会答弁する場合には、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」と述べた。朝日新聞〉

 そもそも、自衛隊という軍事組織が紛争地に武器を持っていっているのに、9条2項では「交戦権」が認められていないから、こんな馬鹿げた論戦になる。

 共産党の穀田恵二氏は「9条との関係で(PKO派遣が)できないとわかっているところに問題の本質がある」と野党4党の会談で語ったという。

 それなら、朝日も野党4党も「9条2項を改正すべきだ」と主張するのが筋だろう。ところが、 憲法の一言一句をアンタッチャブルとする護憲の立場から、口が裂けてもそれは言えない。これは、彼らがメンタルなビョーキにかかっているからだ。

 詳しくは、次作『GHQ洗脳(マインド・コントロール)と朝日イズム終焉――心理学で呪縛を解く』(仮題)で。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>