RAB☆Kブログ

知りたい世間の声はこれだ


東京五輪までひと月余りとなった。朝日新聞は、全国主要100社にアンケートをおこない、その結果を11日に報じた。

〈「開催すべきだ」を22社が選び、「延期、中止すべきだ」の9社を上回った。ただ、「その他」を選んだ66社の中にも「慎重な検討」を求める声が目立つ〉

読者が知りたいのは、そんなことじゃないだろう。こう質問すべきではないか。

〈朝日新聞社は、社説で「五輪の中止を」と首相に求めました。一方で、五輪公式スポンサーを辞退することはなく、朝日が主催する夏の甲子園大会の準備も着々とすすめています。

Q.こうした弊社の姿勢を理解できますか、できませんか?〉

たぶん、誰も「理解出来る」とは答えないだろうw。

某ネットメディアの記事によると、朝日社内でも「中止を提言するなら、スポンサーを降りるべきだ」という、もっともな声があったそうだ。

スポンサー社の協賛金は50~60億円とされる。空前の経営難にある朝日は、それをドブに捨て、しかも協賛社としての特典を失って五輪取材に支障が出ては困る、というのが本音だろう。

支離滅裂は朝日のお家芸であり、いまさら批判してもしようがないが。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>