RAB☆Kブログ

ブレーキを踏みながらアクセルをふかす


 

コロナ禍のいま、ドイツでは美容院の営業も禁止されている。

屋根裏部屋でたがいに髪を切り合っていた3人の若者が、警察に踏み込まれ、ひとり150ユーロ(約1万9千円)の罰金を科せられた。私的に会える人数を超えているというのが、摘発の理由だった。

『アンネの日記』で知られるアンネ・フランクを連想する。あのユダヤ人少女は、ナチスにおびえ、屋根裏部屋に隠れていた。

30人が集まっていた子どもの誕生日パーティーも、警察に踏み込まれた。トイレやドアの陰に隠れたが、15人が摘発された。

わが国の自民党は、感染症法改正案で違反者に刑事罰を盛り込んでいたものの、野党の反対を受け撤回した。

ドイツと日本の差は、理由がふたつある。

ひとつは、非常事態を規定する憲法条項の有無だ。有事には強権を行使するほうが世界の常識ではある。

もうひとつは、メディアによる政府批判の有無だ。

コロナ禍の犠牲者数を抑えよ。飲食店・宿泊業が経営の危機だ。どうにかしろ。日本のとくに左派メディアは、ブレーキを踏みながらアクセルをふかす。かくて、政権自動車は迷走する。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>