RAB☆Kブログ

イラッ


「あさくらみなみ38歳。どうしてかなー南、30を過ぎたころから、、、イライラするッッ!!!」

もう10年以上も前か、こんなギャグでブレークした女芸人さんがいた。

その苛々から名づけられたという魚「イラ」を、近所の釣り名人からもらった。たしか前にもさばいたことがある。

昼前にやろうと思ったが、午後には遠方にある有名神社の宮司へのインタビューをひかえている。生臭く血のにおいのする身で行ったら神さまに失礼だ。取材が終わってからにすることにした。

さて夕刻、イラに向き合った。全長が40㎝超もある。沖縄の魚屋さんで売っていそうなカラフルさだ。事前にググると、見かけによらず美味の白身で、九州では高級魚として珍重されているそうだ。

一番のハードルは、10円玉ほどもある大きく堅いウロコだった。ペットボトルの蓋を使って取るとウロコが飛び散らない。

今回も蓋を使おうとしたが、まったく歯が立たない。ふつうの〈ウロコ落とし〉で力まかせに落とすこと、20分近くかかった。

K余さんの希望で、海鮮中華サラダにした。大根、にんじん、キュウリを細切りにした上に刺身を乗せ、塩こしょうして、クルミ油、砕いたピーナッツとコーンフレークをかけ、最後にパクチーを乗せてできあがる。

K余さんは、この料理を赤坂で食べ、一発でパクチーファンになった。34年前のことだ。

いつもは鯛を使うが、イラは比べものにならないほど美味だった。

それにしても、難敵をさばきながらつくづく思った。「よしお○○歳、イライラするッッ!!!」


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>