RAB☆Kブログ

まだ、何も明らかになっていない


朝鮮労働党の創建75周年の軍事パレードが、10月10日に行われた。最大の注目点は、演説した金正恩が本物かどうかだった。公開された映像は、いろいろ加工されていた。

ジャーナリストの山口敬之氏は、17日、こう書いている。

〈簡易な分析による速報で、同一人物である可能性は99%以上という結果が出たという情報もある。
 もちろん、北朝鮮は西側の声紋分析技術を熟知しているから、すぐに偽物とバレるような音声を出すはずがない。
 金正恩の真贋については
・30分にも及ぶ演説をこなした金正恩の肉声が公表された以上、金正恩は健在だと認めるべきだという見方
 と、
・陽光を避けて深夜にパレードを実施し、厳重に編集された映像を鵜呑みにするのは危険なのであって、金正恩本人が健常ではない証である
 という見方に分かれている〉

つまり、本当のところは、まだ何もわかっていないということだ。各国の諜報当局亜は、慎重に声紋分析をしているだろう。でも、すぐにその結果を公開するとは限らない。

仮に本物だとして、本人の肉声が報道されたのは実に1年ぶりだ。この間、どこで何をしていたのか。新型コロナにかかっていたのか、それを避けるため雲隠れしていたのか。

まだ、不明なことが多すぎて、北朝鮮情勢を判断するのは早すぎるだろう。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>