RAB☆Kブログ

暴飲暴食禁止のお触れはあっても・・・


出雲の通称・北山の麓に、キッチン、家電、食器類などを完備したレンタルの隠れ家がある。

その情報を得て、4組夫婦8人会がチェックを入れないわけにはいかない(笑)。

各メンバーのスケジュールや持参する飲食物のコーディネートは、はっきり言ってめんど臭いが、それもボケ防止にはなりそうだった。

K余さんと下見に行くと、国道431号線からすぐ近くなのに、ああこんな所にこんな隠れ家が。

経営しているMさんに「4組夫婦8人で集まろうかと考えてます」と言うと、「お茶会ですか?」。もっともな質問だったが、「いや、飲み会です!」。それに対する反応ももっともだった。「えーっ、昼間から!?」

各メンバーの日程調整で、「海の日。午前11時半集合」となった。それぞれどんな料理を持参するか、念のために聞いた。おなじようなものをダブらせないのは、“この道33年”の経験でわかっている。

ニューデリー時代は、毎月1回、約10家族で持ち寄りパーティーをしていた。みんな、順番でそれ開けるほどの広い家に住んでいた!

当日、隠れ家へクーラーボックスや大きな段ボール箱を抱え、夜逃げ夫婦のように面々が参集した。電気のスイッチがたくさんあって「どれがどれだぁ?」。女子部は食器類や冷凍冷蔵庫をチェックし、素早くテーブルセッテングして、真昼の宴がはじまった。

「暴飲暴食を避けるべし」をモットーにしたはすだったが、いざ酒が入ると男子部は・・・。でも、有名な落語「寄合酒」よりかなり洗練された展開とはなった。


コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>